<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0110150_632967.jpga0110150_6445669.jpg

★they are @ http://www.psychedelicgarden.com/
[PR]
by inario | 2009-06-27 06:46
a0110150_0183263.jpga0110150_018516.jpg

they are @ http://www.mapitom.com/ 
[PR]
by inario | 2009-06-20 00:21
a0110150_230593.jpg
According to ancient ones, all life is made of `Akasha` (spirit, aeither), and the elements of Earth, Air, Water, and Fire, came forth from Akasha. And all life will eventually dissolve and returns to the elements. All life embodies the primal elements, and when all the elements are in balance the presence of Akasha is most felt.
a0110150_3213367.jpga0110150_220077.jpg
a0110150_5182351.jpgElemental Essenceに向けて ****************************
古代の人々は、全ての生命が Akasha (霊魂、エーテル) でできていると信じていました。
そして土、空(風)、水、火は Akasha から生まれ、全ての生命がやがてこの四つ元素に還っていくとされていました。全ての生命が四元素で構成され、四つの元素のバランスがとれたとき、Akasha の存在が最も強く感じられるとされていました。

ベリーダンサーとしての私たちの役割の一つは、観客を喜ばせ、エンターテインすることです。けれどもそれを超えた役割も思い描いています。
私たちの踊りのプラクティスでは、肉体、精神、魂、全ての領域を含む完全なる自分を発展させることに努めます。

そして古来より踊り手がもつ神聖な役割-ミスティカル (神秘的) なベリーダンサー、アーティスト、巫女、シャーマン、ヒーラー、女神性-などを意識的に呼び覚まします。これらは全て女性の内にある要素です。 
古代の人々が自然と調和しながら生き、踊りが叡知や恵みを受ける女性的な方法であった頃を思い出し、思い描きます。
踊りは動く瞑想やマンダラであり、祈りでもありました。また、言葉を使わないコミュニケーションでもあり、特別な行事を祝い、生命を祝福し、癒しのエネルギーや恵みをコミュニティに施す手段でした。

今夜、私たちは元素のミスティカルなベリーダンサーの道を辿ります。けれどもオリエンタルダンスという媒体を通してではなく、四元素の原始的な本質に焦点を当てます。
ミスティカルなベリーダンサーがセットを踊るとき、アーシーなエントランスで始まり (土の要素)、ベールを使ったエアリーな踊り (風の要素)、そこからディープな蛇のようなタクシーム (水の要素)、激しく燃えるようなドラムソロ (火の要素)、そして再びアーシーな土の要素に戻ってセットが終わります。
この完全なサイクルは、月の周期、季節の移り変わり、一年の循環、一生の道程、そして永遠なる一体性を象徴しています。ベリーダンスという共通の始発点からはじまり、私たちは四元素の原始的な本質を踊ります。
今までに存在した全ての偉大なミスティカルなダンサーたちに敬意を払いつつ、彼女達の光が私たちの踊りを通して輝きを放つことをお祈りします。***************************************************Mishaal

a0110150_5185148.jpg
私が幼少時代を過ごしたリオ・デ・ジャネイロでは、カーニバル前から街中に、衣装小屋が建ち並んでいました。
そのカラフルで異様な熱気と空気感に、とても惹き付けられる不思議な魅力と引力を感じていました。

そしてその土地で、生まれて初めてサーカスを見た時、街の衣装小屋とも通じる熱気の渦と、
幼心にも感じていた重力からの解放、
当たり前と思われる身体のフォームを覆す、衝撃的な自由さと美しさ目撃してから、パフォーマンスの世界の虜になりました。

世界中を旅して廻るサーカスに憧れ、アクロバットをしていた時期もありましたが、その後は、絵画や写真など、ビジョンや空気感を、二次元上に表現する作業に徹していました。
強く浮きあがるビジョンの中には、魂の記憶と感じるようなものや、幼い頃に見た儀式の風景などもありました。

そこから、ビジョンワークアディクトになっていた感覚をリフレッシュさせる為に、メディテーション、エナジーワーク、アートセラピーなどの体験を経て、それから旅や生活により密着した、必需品である立体の服を作るようになりました。

作業中は、唄いながら、素材そのものからインスピレーションを授かり、手と感覚が動くままに全てを任せ、頭はからっぽ。。。といった状態で、いつもとっても楽しませて貰っています!
実際毎日、たくさんの学びがあって、ありがたいです♪
そこでも、人生の旅のなかからの、さまざまな景色が浮かびあがったりして、そんなところから、全てとの繋がりを感じたりしています。

今年前半は、サーカスの衣装部で、世界中から集まったアーティスト達と働く機会を頂き、大好きなショー&制作の舞台裏で、エンターテイメント、演出などが人々に与えるどこか普遍的なミラクルな体感や、メッセージ、そして浄化、希望、可能性。。。などと、直に触れ合うことができ、感謝の気持ちで一杯です。

感動するということは、ここに生きている私達の魂に触れる、とても大切な、なにかを思い出すとっても貴重な体験と感じます。私自身、そういった体験に支えられ、生きる喜びを見いだして生きてきたような気がします。

そんななか、今回、Michaal の瞑想会のようなレッスンやリハーサルに立ち会うなか、彼女のレクチャーや存在から、ミラクルでマジカルな瞬間の創造方法の秘密を伝授された感覚で、とても光栄に思います。

魂に触れる感動を体現して生きることが、鍵のような気がしてなりません。踊りは、人間の持つ最大の美しさを引き出すと共に、それを凝縮して表現できる恰好の芸術、舞台なのでしょう。 ダンサー達に、多大なる敬意と、クリエーションに参加させて頂けて、ありがとうの気持ちでいっぱいです♪**********************************************Kayo
[PR]
a0110150_3265311.jpg
a0110150_911593.jpg
a0110150_325168.jpga0110150_3255049.jpg a0110150_520234.jpg

Nomads : http://www.nomadshempwear.com/ X InaRio
[PR]
←menuへ