<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0110150_4542656.jpga0110150_51256100.png

a0110150_4555610.jpg

a0110150_80224.jpga0110150_83589.png

a0110150_513275.jpga0110150_4592326.jpg

a0110150_583929.jpg

a0110150_524242.jpga0110150_53882.jpg

a0110150_533833.jpg

a0110150_932066.jpg

a0110150_8445181.pnga0110150_8503478.png

a0110150_8553752.jpg

★Circo Organico Vol.2★ Scene 2*  〜惑星衝突ー鉱物と星との繋り〜
6. ターコイズ&アンモナイト結晶体再会のラブストーリー<喉> * Tida &Camew
7. ラブラドライト、アメジスト細石、山羊脂皮  <第三の目>  *Coco鮎美
8. アメジスト、クリスタルの突起、惑星衝突 <宝冠>  *Echan &Milla
9. 星/ ベルベル族の冠を解体した上にクリスタル盛り合わせ <高次の宝冠> *タカダアキコ

何度にも及ぶ地層や生物の再生や惑星衝突、明るい時代を過ぎて、再び闇がやってくる。。繰り返し繰り返し。。
そこに一筋の光がクリスタルに当てられて、何度も押し寄せた光と闇だけど、 それをも突き抜けてきた。。
という宇宙と地球と生物の物語。

Circo Organico Vol.2....あまりにも地味かつ壮大なテーマにいつの間にかなり、どうなることやらとも思いましたが、
リスペクトする仲間達と一緒に、一つのテーマに向かってそれぞれの個性の化学反応を起こしながら何かを創り上げて行くのは、やっぱり本当に楽しい作業で、
主催のMillaちゃんをはじめ、ダンサーの皆様、コラボレーションアーティスト、スタッフの皆様、
そして、観に来てくださった沢山のお客様、本当にありがとうございました♥
次は、ショップ編なども纏めたいと思います。
サイトの方にも別バージョンのショーの写真あります★ http://www.inario.net/ →Show
a0110150_2235340.jpg
photo; Harumi Numata, 浮花
dj; Yumii
lighting; Hikariasobi
display; Chaco

このブログは、横長になってます→↑
..slide to the right &up for older posts↑→....
[PR]
a0110150_611394.jpga0110150_31523.jpg

a0110150_8163022.jpg

a0110150_6451356.jpga0110150_71233100.jpg

a0110150_692087.jpg

a0110150_703173.jpga0110150_7282480.png

a0110150_655278.jpga0110150_630243.png

a0110150_711066.jpg

a0110150_804369.jpga0110150_8294059.png

a0110150_73076.jpg

a0110150_8361025.jpga0110150_8322456.jpg

★Circo Organico Vol.2★    Scene 1* 〜地層形成の物語〜
0. 山羊脂皮に立体鉱物曼荼羅  <高次元の心臓>(Ceremony from deep underground) *Coco鮎美
1. 黒雲母 /Mica 変成岩 (心臓、地底の鼓動) <大地>  *タカダアキコ
2. アンモナイト / 化石編成 (時間) <基底> *Camew
3. 鉱物化石/海底だった渓谷の岩、砂漠の砂 (溶岩、ノマドの交易) <仙骨> *E-chan
4. 貝殻の化石  (結晶構造)  <太陽神経系> *Tida
5. 水晶  (結晶体ー地上へ) <心臓> *Milla

天然で深みのある光を衣装に組み込む実験をしたい。。というところから入った今回の鉱物シリーズ。
まず先冬に素材調達で訪れたインドで、クリスタルが生える母体となる雲母/変成岩に荒野で偶然出会ってから、 
鉱物そのもというよりその形成にとても興味を惹かれ、
Scene1は、地層と身体の連動、その時間軸、とほぼ地底のお話となりました。
その後夏に訪れたモロッコの渓谷や砂漠で、アンモナイトなどの化石達に出会い、現地の遊牧民達の歴史を辿る流れにもなり、彼らのアンテイークアクセサリーや道端で出会った鉱物達から衣装の構成を組むこととなり、今回は特に旅の痕跡がぐっと詰まった仕上がりとなりました。
衣装の所々に、加工した岩、砂、珪砂なども散りばめられています。
そして何よりものインスピレーションは、以前も旅の写真と一緒に記していた、友人が会話から書き下ろしてくれた文章たちです★
Snene2に続く。。

a0110150_8511558.jpg

photo; Harumi Numata, 浮花
dj; Yumii
lighting; Hikariasobi
display; Chaco

このブログは、横長になってます→↑
..slide to the right &up for older posts↑→....
[PR]
←menuへ